• 期間工で働き技術を身に付ける

    期間工というのは自動車や電子部品などを生産する工場などで一定期間働くことができる従業員のことです。
    一般的に3ヶ月から6ヶ月という期間から、長くて1年から2年という期間です。

    期間工で働くメリットは短い期間でも高い収入を得ることができるということと、自動車や電子部品を生産する技術を身に付けることができます。
    通常は交代制の勤務ということになり、寮に入って働くことがあります。


    寮に入ると通常であれば寮費などの生活費用が発生することになりますが、自動車メーカーが寮を持っている場合などその費用を負担してもらうことができます。
    また水道光熱費などの費用負担をしてもらうことができるところもあります。



    寮費や生活にかかかる費用を抑えることができるということと、それ以外に手厚い手当をもらうことができます。



    採用時の赴任手当や一定期間働くことで手当をもらうことができ、期間満了時には慰労金をもらうこともできます。

    これら手当とともに残業などの支給もあわせて高い収入を得ることができます。

    自動車の期間工の場合は、生産ラインに入ってボディなどのプレスや塗装、組立などの作業を行うことになります。
    ほとんどが機械化されていますが、それらを管理するという仕事や、細かい部分は手作業で行うことになります。


    期間工はこのような仕事を短い期間で習得することができるようになっているため、自分の技術を磨いて身につけることができるようになります。